YAMAHA Bobby vol. 04

自分の場合、レストアの最終的な目標は最初にあった状態、ノーマル仕様と言うのが基本的なスタンスなのだが
プラモデル時代から変わらない作っている途中で微妙に手を加えたくなるいわゆる[おひねり病]が今回も頭を
もたげてきた。ネットで部品探索をしていたある日見つけた後期用のフロントキャリアに一目惚れ、ポチッ‥。
以後、基本ノーマル前期型、一部分のみ後期型のBobbyを目指す事になる。

もうひとつ、車体横、両サイドのストロボデカールだがこれにもひと捻り加えたがこれについては後の記事で‥

因みにこのストロボデカール、フレームの左右で長さが違う。製作後それに気付き再製作となったorz

 

さてレストアとか謳いながらエンジン周りは人任せで自分は主に部品調達と美装ばかりなりの無責任な備忘録だ
がその美装、前述のハンドルに続いてまた修復困難な部品が出てきた。ウィンカーである。サビ具合バリバリで
ペーパーやブラシで均す事は出来ても輝きは戻らない。再メッキに出したらハンドルとウィンカーだけでこの
車体購入費位になってしまう。シルバー塗装でごまかすのは最後の手段だし‥

と言う訳でいつもの如くネットで探しはじめた。中古では余り程度の良いものが無い。
しからばとばかり ebay、セカイモンでも探してみた。ebayで発見。販売者はベトナムの業者さん。
値段からしてNOSではなくレプリカ品のようだ。品質は期待すべくもないが現時点でのほぼ唯一の選択肢である。
2セット購入。  何故2セットかと言うと1セットは転売用だからである。海外からの個人輸入は送料が高額、
トラブルリスクが高い、ebayからだったので中間手数料は掛からないかわりに翻訳サービスが無いなどストレス
が高いので、せめてその補填用である。貧乏人のセコ知恵。
最近ではこういった物もヤフオク上で出回るようになってきたが、私がこれを輸入した当時はYAMAHAウインカー
のレプリカ品など殆ど流通していなかった・・。

実はこれ以前に海外取引は一度経験済みである。リアスプロケットが国内で見当たらないのでセカイモンで落札、
アメリカ・アイオワ州だったと思う。この時は複数購入といかなかったが、サポート付きとは言え初めての個人
輸入、ビビリの自分にも良い経験になった。

なのである。Bobby のリアスプロケットは後期型のものはチャピィ用などとして時折出品されているが前期用はほぼ
皆無である。当時のNOSをセカイモンで発見、確かアメリカ・アイオワ州のショップだったように記憶している。
アカウントをとった後、ハブ径やP.C.D.についてセカイモンを通じて質問の後 購入した。

ウインカー、スプロケット共にどちらも購入支払い手続き後、アメリカ、ベトナムと地域の差に関わらず待つ事
およそ3週間あまりだったか、通関手続きも滞りなくトラブルも無く無事到着した。

一応、ウインカーに関してオリジナルとレプリカ品の比較を掲載しておく。
外観的には樹脂部分のバリ取りの荒さが残るもののさして悪くない。(但しメッキに関してはこまめに手入れ
しないとじきにサビが浮きそうな気がする)
レンズを外した中身の方はご覧のとおり、バッチリ手が抜かれているw
とりあえずの使用に関しては問題無いものの長期間の内には振動対策の手抜きによる玉切れが起こりそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top